平日: 10:00〜19:00 土日祝

7月 21st, 2015 No Comments

保育士のエプロンについて

保育士にとってエプロンとは

保育士さんの制服と聞いて、エプロンを思い浮かべる方は多いと思います。エプロンは、優しそうで、温かみのあるイメージを子どもに与えることができるので、保育士にとっては必要不可欠な制服です。ここでは、どのようなエプロンが適切なのかを見ていきましょう。

どのようなエプロンが適切か

保育士のエプロンは、市販のものではなく、業者から送付されるカタログや、通信販売から選ぶことができます。服が後ろであがってしまわない仕様になっているものや、大きいポケットがついているものなど、保育の仕事がしやすいように工夫が施されています。様々な色が用意されていますが、黄色、ピンクや水色など、子どもから人気、且つ威圧感の少ない色を選ぶとよいでしょう。また、エプロンシアターという仕様がついているものも最近では人気があります。エプロンシアターは、大きなポケットの中にキャラクターなどを入れておき、それをエプロンについているマジックテープにくっつけながら劇ができるエプロンです。様々なエプロンがあるので、せっかくですから保育のお仕事をより楽しく、快適にできるものを選びましょう。

キャラクターエプロンはNG?

可愛いエプロンを選ぶのは、保育士の楽しみの一つでもありますが、子どもにとっても楽しみの一つになり得ます。特に、アンパンマンやミッキーマウスなどのキャラクターは子どもたちからの人気が高いようです。しかし、保育園によっては、キャラクター付きのエプロンNGという園もあります。指定のエプロンがある場合は仕方ないですが、キャラクターNGの場合は、かわいい動物や果物のワッペンや、刺繍が付いているエプロンも良いでしょう。

最後に

保育士は同僚だけでなく、保護者や、子どもからの印象がとても重要なお仕事です。エプロンを含む、身だしなみによって安心感や信頼感などいい印象を与えることができます。
 
 
 
【保育士の転職・求人情報 保育転職サポーター

ご登録はこちら